忘年会で喜ばれる景品

忘年会の景品に流行のアイテムを用意する

景品で盛上げる
忘年会等のイベントには多くの方の関心が集まります。
年の苦労や喜びを、多くの同僚や仲間と分かち合う事で
素敵な職場の雰囲気を作る事が可能となってきます。

二次会で仲良くなる

多くの方は自分の人生の大半を仕事に費やしていきますが、中々自分の理想に近い職場を探す事はできません。

職場は常に多くの利害関係者から成り立っていますので、その方々との人間関係が非常に大きな要因を占めます。
普段は中々話す機会がなくても、こういった忘年会で、相手の今まで知らなかった一面などを見て
一気に仲良くなれたり、苦手だった同僚とも距離が縮まることもあります。

ただの忘年会というわけではなく、こういった親睦を深めるという意味でも
実は結構重要なイベントだったりします。

そのため、飲んで食べるだけの忘年会ではなく、ゲームを企画して景品を用意するなどして
盛り上げていくことが、幹事にとっての重要な役割となるわけです。

忘年会の景品には流行の商品を上手に活用する事をおすすめします。

最近ではタブレット端末等のデジタル機器が全盛の時代ですので、これらを景品に利用すれば会が盛り上がる事は間違いありません。

確実に盛り上がる
最近では各各会社とも趣向を凝らした忘年会を行っていますので是非、これらに積極的に参加して自分の所属している会社に愛着心をもちましょう。

幹事の方も非常に大変だとは思いますが、自分の会社の同僚が喜ぶ顔を想像しながら流行のアイテムを景品にしたりしながら
素晴らしい忘年会を企画してみて下さい。

人間関係のストレスを軽減する社内コミュニケーションの重要性

2017年にHR総研によって実施された「社内コミュニケーションに関する調査」によると、職場でのコミュニケーションが円滑に取れていると感じている企業は少なく、約8割にもおよぶ企業が「課題がある」と回答をしたという結果が出ています。
この数字の高さに驚きを感じる方は多いのではないでしょうか。

また、企業で実際に働いている従業員側も職場のコミュニケーションに課題を感じており、日本法規情報の調査では職場の人間関係にストレスを感じている人が約6割にものぼりました。

一方で、この調査結果は裏を返せばこうした課題を解決し、適切な職場コミュニケーションを取れる環境を整えることの重要性を示していると理解することもできます。そして企業にとってもそこで働く従業員にとってもそれが幸せにつながる可能性が高いとも言えます。
なお、現状のコミュニケーションの課題の原因は、企業や経営層の考え方が現場に浸透していない場合もあるでしょう。

また、企業が大きい小さいにかかわらず自分の部署のこと以外のことを全く知らない状況であれば当然コミュニケーションがうまく取れているとは言えません。まず原因を特定し、改善に向けた努力をしてみることをおすすめします。

飲み会の重要性|参加したくない飲み会にしないためには目的作りが肝心

しかし親睦を深めたり人脈を広げられる飲み会も、参加したくないという人が少なくありません。
その層が全体の63.7%に上るという調査結果もあります。そのような人を無理矢理参加させたところで、楽しい場にはなりません。

理想的なのは全員が参加したいと思って参加することです。
そのためには飲み会の内容そのものに工夫が必要です。参加したいと思える飲み会にすることは、楽しめる場所や雰囲気作りにも繋がります。

ひとつは飲み会そのものに目的を持たせることです。
「親睦を深める」や「部署交流」などと銘打てば、自分が参加できるかどうかの判断がしやすくなり、ハードルを下げられるわけです。また全員が意識することで、漠然とした飲み会と比べて脱線や混乱が起こりにくくなります。

参加しない人にどういった内容にすれば参加したくなるか、アンケートなどで訊ねてみるのも効果的かもしれません。
また飲み会に潜むデメリットを取り除いてあげることも大切です。
参加できない中にはアルコールそのものが苦手だったり、予算の問題で参加できないなど様々な理由があります。そのマイナス点を取り除けば、同じ目的に協力するという意思の下で参加できるようになるでしょう。